Q&A

10-0045

凍結予防の方法は?

1)器具:凍結予防ヒータによる方法(全機種、凍結予防ヒータがついています)

気温が下がってくると、ヒータにより給湯機内部をあたためます。

2)追いだき配管:循環ポンプによる浴槽水の循環による方法

浴槽に循環アダプタより10cm以上、水がある状態にしてください。
気温が下がってくると、循環ポンプを運転し、浴槽水を循環して凍結を予防します。

*屋内設置の場合、器具が暖かいところに設置されていると、循環ポンプが作動せず、追いだき配管が凍結する場合があります。屋内・屋外設置ともヒータや保温材等により、配管の保温工事をお願いします。


3)通水による方法

① リモコンの運転スイッチを「切」にする。
② 給湯栓を開け、1分間に約400ml(牛乳びん約2本)の水を流し放しておきます。
  約30分後に再度水の量を確認してください。

●凍結破損にご注意を!
器具のヒータによる凍結予防性能は、外気温が-15℃(無風)までです。外気温が極端に低くなる日(-15℃以下)や、それ以上の気温でも風があり、冷え込みが厳しいときは、取扱説明書にしたがい、通水による方法や水抜きを行うことで、凍結破損を予防できます。

お客様の問題は解決されましたでしょうか?
Powered by i-ask
Share

CLOSE