Q&A

12-0281

高所設置は可能ですか?

施工、アフターサービス、設置後の定期点検など考えますと、おすすめできません。
また、天井裏へは器具の日常点検などできませんので、設置しないでください。

やむを得ず、高所設置される場合は、設置高さ(水栓金具取り付け位置より電気温水器底面までの距離)が先止め2.5m以内に設置してください。

自動水栓一体形電気温水器は1m以内に設置してください。
※タッチスイッチタイプの水栓とREC03K/RECK03の組み合わせでは、ホースを延長すると吐水時にエアーを巻き込みながら吐水するためホースの延長は不可です。

また、下記注意事項を守ってください。
【注意事項】
①満水質量に耐えうる強度を確保し、器具が落下しないように、 しっかり固定してください。耐震性の確保については現場責任のうえで対応ください。
②器具と水栓金具の距離はできる限り短くしてください。長くなりますと、 捨て水が多くなり湯がでるまでの時間が長くなります。
③定期点検(逃し弁作動、タンク水抜きなど)が容易にできるような場所に設置してください。
④隠ぺい部分に設置しなければならない場合は、器具の日常点検や修理対応ができるように点検口・点検スペースを必ず設けてください。
⑤膨張水の排水は、確実に排水管へ接続してください。
⑥万一の水漏れを考慮し、防水パンの設置や床を防水構造にしてください。
⑦配管の凍結破損防止のため、水抜き時に配管内に水がたまらないように施工してください。


※設置に必要な部材は現場で用意してください。 

お客様の問題は解決されましたでしょうか?
Powered by i-ask
Share

CLOSE