Q&A

2-0314

後付け補強板を使用し階段の勾配入り隅部を接続する場合、よい方法はありますか?

《対象商品》

フリースタイル手すり:EWT1・2・3型

勾配が急な階段ではフレキシブルジョイント(EWT10CF、14CF)では対応できないため、フレキシブルジョイント(EWT15CF)を下図のように使用してください。

<フレキシブルジョイント(EWT15CF)
を2個使用した場合>

 

<間柱を利用した場合>

間柱が455mm以下のピッチで入って
いる場合のみ対応可能です。

 

 

フレキシブルジョイント(EWT10CF、14CF)では後付け補強板をずらして対応したり、手すりの水平をずらして対応する必要があり、施工が困難でした。

<後付け補強板をずらして対応>

 

<手すりの水平をずらして対応>

 




お客様の問題は解決されましたでしょうか?
Powered by i-ask
Share

CLOSE