Q&A

3-2212

カウンタータイプで、カウンター端面の木口処理はどうなっていますか?

カウンター端面の木口処理はタイプにより異なります。

◆露出タイプ 
  
    <カウンター:定寸>       <カウンター:フリーカット対応 *

<カウンター:定寸>
 【キャビネット側、便器側】
 双方とも表面シートで木口面(端面)も巻き込んで処理しています。
 
<カウンター:フリーカット対応 *
 【キャビネット側】
 表面シートで木口面(端面)も巻き込んで処理しています。
 
*
2020年1月末廃番
 
 【便器側】
 木口面(端面)は処理がされておりません。
 便器側のカウンター長さを切断して調整した後、端部にカウンターキャップを
 取り付けます。(注1)

◆埋込タイプ
   
   <カウンター:定寸>       <カウンター:フリーカット対応>

<カウンター:定寸>
 【キャビネット側、便器側】
 双方とも樹脂の木口材(ローカン)を貼り付けて処理しています。

<カウンター:フリーカット対応>
 【キャビネット側】
 樹脂の木口材(ローカン)を貼り付けて処理しています。

 【便器側】
 樹脂の木口材(ローカン)を貼り付けて処理しています。
 便器側のカウンター長さを切断して調整する場合は、端部に
 カウンターキャップを取り付けます。(注1)

 (注1)カウンターキャップ
 
 

 

お客様の問題は解決されましたでしょうか?
Powered by i-ask
Share

CLOSE