Q&A

5-0890

貼り付け方法について教えてください。

以下の方法に従って貼り付けてください。
製品が床仕上げ面になるように、下地にて調整ください。

施工方法 

下地

 張付け材

 セメントペースト張り

 敷きモルタル 厚さ30~40mm
 床仕上げ面までの厚さ 40mm確保する

 セメントペースト

 改良圧着張り

 下地モルタル金コテ押さえ
 (セルフレベリングモルタル)
 ・面精度±2mm/2m以下 

 ポリマーセメントモルタル
  下地面:クシ目全面塗布
  製品裏面:全面塗布(1mm程度)

 接着剤張り

 フロアPU/PC専用一液性接着剤(品番AY31)
 非弾性型2液エポキシ樹脂系接着剤
  (JIS A 5548 タイプ 1)
  下地面又は製品裏面:クシ目全面塗布


●既存タイルの上から施工する場合は、不陸が基準内である事を確認し、
 
不陸が大きい場合はモルタルにて下地調整をしてください。
 既存タイルが浮いている場合は、剥がした後、モルタルにて下地調整をしてください。
●既存タイル、石材への上張りの場合は、非弾性型2液エポキシ樹脂系接着剤をご使用ください。
●塩ビシート等、シート系床材への上張り施工は出来ません。
●直定規、レーザーレベル等を用いて、下地精度を確認してください。


【接着剤使用量の目安】
製品1枚当たりの接着剤使用量については下表をご覧ください。

製品 

 接着剤使用量※

 ハイドロセラ・フロアPU 600×800サイズ (厚型・薄型共通)

1.0㎏/枚

 ハイドロセラ・フロアPU 600×900サイズ (厚型・薄型共通)

1.1㎏/枚

 ハイドロセラ・フロアPU 600×1100サイズ (薄型のみ)

1.3㎏/枚

 ハイドロセラ・フロアPC 600×1200サイズ (排水穴あり、無し共通)

1.4㎏/枚

※専用接着剤(AY31=正味量1.9㎏/本)で試算

【接着剤必要本数計算例】
※フロアPU600×1100サイズ 4枚の場合
1.3㎏×4枚=5.2㎏ 5.2㎏÷1.9㎏(正味量)=2.736・・・≒3本(少数点以下切上)

お客様の問題は解決されましたでしょうか?
Powered by i-ask
Share

CLOSE